格安スマホとは?どれだけお得か考えてみる

格安スマホという言葉を最近良く聞くようになりましたがどういうものかご存知ですか?これは今までドコモ、ソフトバンク、auが占めていたデータ通信サービス業務に他社が参入し、格安の値段で提供するようになったことから始まります。

格安でデータ通信ができる格安SIMというチップと、SIMフリーの格安スマートフォンをセットで販売しているプランのことを格安スマホと呼ぶわけです。

細かい説明は省きますが、今までより格安にデータ通信が可能で、機種代金も格安だとなれば、格安スマホというものがどれだけお得なものかは容易に想像できますよね?

ここでポイントですが、実は機種代が格安という点よりも、データ通信SIMが格安であるということが格安スマホにおける重要な点なのです。通常スマートフォンを使用していると月額7000~8000円かかってしまうことも少なくありませんが、格安SIMであれば通常月額1600円以下で以下で済んでしまうのです。

格安スマホは一見難しいように思えますが、TONEモバイルのような子供やシニア向けの格安スマホなども発売されているので、初心者の方でも簡単に乗り換えることが可能です。

参考:子供スマホ情報局

これはデータ通信料金だけでも、年額約7万円程度お得だということになります。これが家族4人だと約28万円、どれだけ家計が大助かりかおわかりでしょうか。速度にも特に問題ありませんし、問題点があるとすれば契約の煩わしさだけです。携帯料金が高い!と感じている方はすぐにでも乗り換えをオススメします!